元Jリーガーが指導。タイ王国・シラチャとバンコクに拠点を置く生徒数200人超えのサッカースクール。

#シリエスポーツクラブ インタビュー企画 #1

挫折と新たな挑戦。元Jリーガー多田大介がタイでサッカースクールを作るまで

Share on facebook
Share on twitter
Share on email
Share on weixin

皆様の暖かいご支援のもと、シリエスポーツクラブは7周年を迎えました。この企画では、そんなシリエで働くスタッフにインタビューを実施して行きます!


記念すべき第一回目は、シリエスポーツクラブ代表の多田大介!

Jリーガーとして活躍していた多田代表はなぜ、タイでクラブ経営の道を選んだのか?
その真実に迫る内容となっています。


―本日はお時間を頂きありがとうございます。よろしくお願いいたします。
よろしくお願いします。

―まずは、改めて多田代表の経歴を教えてください。

高校を卒業後プロサッカー選手としてJリーグで13年プレーした後、タイリーグの2部でプレーしながら、シリエスポーツクラブを設立しました。引退後、シリエの経営に専念するようになり今に至ります。

―現役選手の時にシリエを設立されたんですね。大変ではなかったですか?
結構大変でした(笑)。 最初はクラブの練習が終わった後、サークルチームに所属する大人の方達向けにレッスンをしていて、その後今のように子ども達にも教えるようになりました。それも最初は不定期でしたが、半年ほどすると軌道に乗り、定期的なレッスンが行えるようになりました。

―プロのJリーガーになるまでの経緯を教えてください。
僕たちの時代は高校サッカーが強い時代で、選手権(注:高校生全国サッカー選手権)に出ないことには プロにはなれない時代
でした。僕は
中学2年の時にU-15日本代表に選ばれていて、高校の時に選手権も出場し、自分で言うのも何ですがアマチュア時代はトップを走っていた
と思います。実際、高2の時には7クラブからオファーを頂き、所属するチームを自分で選べる状況でした。

―7クラブ!その中からセレッソ大阪を選ばれたんですね。実際にプロになってみてどうでしたか?
アイデア面では目新しいものは感じなかったと言うのが正直なところでした。Jリーガーとして1、2年目は、自分と他の選手の間で決定的な違いは感じなかったですね。
ただ、どの選手もやはりスピードやフィジカルは素晴らしかったです。

―なるほど。逆に辛かった事や挫折体験はありましたか?

たくさんあります。先ほど決定的な差は感じなかったと言いましたが、自分と実力がそう変わらないように思われる選手にポジションを取られてしまったのは僕のメンタル面が原因でした。 緊張しやすくて気持ちが弱く、試合中でも「この試合に勝ったら選手達にボーナスが入るはずなのに、僕のせいで負けたら…」などと考えてしまい、
ミスがあると持ち直せないところがありました。

負けてしまうとサポーターからも辞めちまえなんて声が聞こえたりします。そこを気にしない、ミスしても淡々としてて、切り替えますと言えるある程度のふてぶてしさが、成功するためには必要だったと思います。

 ・続けられるのはすごい。 タイに来たきっかけはなんですか?
・当時最下位争うJ2岐阜にいた(30age-31)。このチームを離れたJは難しいなと思っていたらタイから声がかかった。この先海外でプレーする機会はないのではとしてたら。
・2013.10月にオファー。シーズン終了後(12月初旬)に行く予定だったので、




   いざ行ったらもう決まってた。
 ・それから2ヶ月間テストを受けまくった。引退の決断をして2月中旬に帰る
 ・3月末にセレッソ大阪強化部からGKの怪我人がきて、タイに行く予定だっ   たんだから、契約の確約をしてください。2014年まで最後までセレッ   ソ。  ・2014年はタイでのチームチョンブリーFCの傘下シーラチャーでプレーさ   れた(アカデミーの子達16-17-18)。2部。苦しい Jリーグとタイリーグでどのような違いがありますか?
・チームメイトは子供達だったのでマインドから子供。
 選手とクラブのスタッフと何度も衝突。プロのチームなら立ち振る舞いは
 しっかり。勝てないにしても、コートの中では顔を作らなければいけな い。ヘラヘラするな、試合後にサポーターに挨拶しろ。
・選手と衝突したら監督に子供なんだからやめろと言われた。あんたがそれを言うな。プロなら勝った時の負けた時の立ち振る舞いを教えなきゃいけない。
・英語でやりとり 引退を決めたきっかけはありましたか?  1年で終わろうと思っていたので、経験値のためにやっていた。タイに来てサッカーチームに顔を出して、子供やプロサッカー選手に足りてない環境、 次のステップのための準備や課題が見つかった。 タイでサッカースクールを設立した理由はなんですか?
・環境を整えるとか、
・プロテストも誰を頼ってどうすれば良いかわからなかった。サポートと一概に言えない。日経のサッカーチームにお手伝いに行ったら子供達にすごく感謝された。希望を与えることができる・選手はどうしたらいいかわかる
最終形がプロチームの運営。コーチが選手でやってる。Jリーグで活躍できる選手


 タイで起業する上で大変だった点や苦労した点はありますか?
・めちゃめちゃ大変。誰かとパートナーにしてやらなきゃいけない。裏切られないとは限らない。最初のうちは一緒にやらなきゃいけない
成熟したら持ってかれる、負債を抱えたら逃げられる。基本上からくる。
一からの構築
・奥様がタイ人。付き合ってる時に。 2020年現在、生徒数は200人を超えていますが、 どのように人を集めましたか?
・個人レッスンから始まって、口コミで増えて行った。元Jリーガーのサッカースクールに興味を持ってくれたと思う。どうせならとなりやすかった。
半年くらいで50人くらいの規模に。毎年2割増。今年はコロナの影響で戻ってこない、減った。 スクール経営の他に取り組んでいる事業はありますか?
エージェント事業…1年半ほど前に始められた。個人的にやっていたが、コミットしきれなかった。高松さん(中学のクラブチームの先輩)、10-15年ぶりに偶然タイでエージェント事業。巡り合わせ。縁が人をつなぐ。
三宅さんがSNSさんを。インタビューが。高松さんがいれば大丈夫。 スクール経営について、今後の展望を教えてください。
日本人が120名弱、彼らが倍になるのは考えづらい(日本人学校の20%)
タイ人クラスの拡大。圧倒的に分母を増やす。地元の子供達に愛されるクラブ運営にも繋げている。
・11月7日(土)、ダービーマッチ。日本人vsタイ人。シリエダービー。審判も用意。
・YUME TVはヒロさんの同僚繋がり。シーラチャー校 撮らせて
・TJ シタ 総来場500人来る。3,000THB+交通費くらいで。
これくらい来そうとか。
インタビューを受けた人
多田 大介(ただ だいすけ)​

シリエスポーツクラブ代表。
高校卒業後、GKとしてセレッソ大阪などで13年間プレー。その後タイに渡り現役の選手として活動する傍らシリエスポーツクラブを設立。現在会員数は200人を超える。 タイ王国発の日本人経営によるプロクラブを運営する事を目標としている。

インタビューをした人
三宅 芽実(みやけ めみ)

シリエスポーツクラブのIT&広報担当としてWebサイト運営・ポスター制作などを担当。将来の夢はタイでプロクラブを経営する事。合同会社Angle Inc. CEO

© 2014-2020 Cilie Sports Club. All rights reserved.