元Jリーガーが指導。タイ王国・シラチャとバンコクに拠点を置く生徒数200人超えのサッカースクール。

【大会報告】~Champion Football international U13~

15時に第1試合、17時に第2試合が行われるスケジュール変更を会場で知ることに。既に10時に集合してしまっていたため、灼熱の中夕方までひたすら待つという(笑)別の戦いにも見舞われたU13グループのレポートしたいと思います!!

<GL初戦 タイ選抜B戦: ○ 5-1>

リュウトのクリアミスで同点ゴールを許してしまったものの、自分で勝ち越しゴールを取り返して追加点にも絡む活躍。後半に相手の足が止まったところで一気に加点する事ができました。選抜のBチームという事で個人技術は高かったものの、チームとしてのまとまりやモチベーションが高いようには見えず、危なげなく勝利を収めてくれました。

<GL第2戦 ASCOT戦: ● 0-9>

ブラジル人監督率いるインター校としてはおそらくタイ国内最強クラブ。直近の対戦は約2年前、先輩たちが善戦するも0-1で敗戦した相手。ほぼ無策で臨んでしまった監督の責任もあり、開始3分で2失点。準決勝進出が決まっていたからなのか、応援にお越し頂いた保護者さんに申し訳ない試合となってしまいました。この代は格上相手に先制されるとたちまち崩れてしまう事が課題でしたが、一瞬で戦意を削ぐような開始直後からの圧力に屈してしまいました。首位突破をかけた一戦の戦い方、エネルギーの出力は流石の強豪校でした。

<準決勝 タイ選抜A戦: ● 2-4>

前日のアスコット戦では観て頂いた方に申し訳ない試合をしてしまった事を反省し、他グループの1位を倒して必ずアスコットにリベンジしようと誓った一戦。これまでに先輩たちもタイトルがかかった試合で結果を出してきた本田監督の伝家の宝刀、5バックを解禁しました。笑(今回は5-3-2)

予めサイドに行き止まりを作って中盤3枚には走り負けない選手を置いて相手のセンターハーフ3枚を徹底マーク。相手のサイドバックが攻撃参加せざるを得なくなったところの背後を突いていく作戦でした。

後ろが攻撃の圧力を跳ね返す事、中盤が自分のマンマーク+相手サイドバックへのプレッシングまでを受け持つという力技を完遂できるかどうかが鍵となりましたが、前半のコーナーキックからの失点以外、流れの中では中盤のハードワークが機能しうまく守りきってくれました。失点直後に高い位置でのボール奪取からシラチャ校のリョウタのスーパーミドルで同点に。

前半の終わり際から相手は徹底したロングボール主体の攻撃に切り替えていたため、後半は更にラインを押し上げる事、そして何よりも気合いで跳ね返し続け、こぼれ球を拾い続ける事を徹底しようと後半へ。

相手はハーフタイムでここまで徹底するかというほど何人もの長身選手を投入してきました。相手がデカい、いや、うちが小さいのか、、、いけるか?いくしかないよな、、、おーしお前ら気合いで跳ね返せ!!と送り出すしかありませんでした。笑

相手が超攻撃的に両サイドバックを押し上げていた事から、我々のタイ人選手のフランクとコウキのツートップが常に相手センターバックと数的同数に。カウンターから抜け出したフランクがファールをもらい、コウキが直接フリーキックを決めてついに勝ち越しました。

2-1となり残りは約12分。前日からU11の選手をU13でも使い続けていたこともあり、若い選手から足が止まり始めました。そして悲劇は残り4分でした。

一瞬のマークのズレを見逃さなかった相手ボランチの選手が遠めの位置から左足を振り抜きサイドネットに突き刺さるスーパーロングシュート。その失点の直後、わずかにディフェンスラインが揃わずに抜け出されて逆転。何とか点を取り返しに行った終了間際にも失点し、2-4で準決勝敗退となりました。

<まとめ>

守備においては日本人が世界に誇るハードワークや連携力を見せる事ができたと思います。とてつもない身長差、傍目には見るからに格上であろう相手に対し、この小さな日本人たちが勝てるかもしれないと観衆に期待させた事も、誇らしく思います。

今までの彼らであれば初日に大敗した相手を決勝戦でまた倒すぞ!とはならなかったと思いますが、ここ数ヶ月間で何度も強豪クラブと対戦しその都度大敗しながらも見直しを繰り返した事が、2日目の闘争心とピッチ上の対応力に繋がったのではないかと考えています。

今年度最後の大会となりましたが、大会後には強化合宿も行い既に新シーズンに向けた準備を行っております。日本から来てくれた生徒を責任を持って心身共に育て上げ、素晴らしい人材として日本へ送り返すべく、引き続き高い志を持った生徒たちと精進して参りたいと思います。来年度も応援のほど宜しくお願い致します。

追伸….生徒諸君。ご飯はしっかり食べなさい。

【大会報告】~Champion Football international U11~

3/5(土)6(日)の2日間、「Champion Football international」にU13とU11が出場させて頂きました。U11の試合をレポートしたいと思います。

<グループリーグ PFAU11戦:○ 2-0>

大会初日、初戦の入り方に大きな課題のあった我々ですが、この日は気持ちもうまく乗せてテンション高く試合に望めました。相手のミスに乗じて効果的に得点を重ね2-0の勝利とはなりましたが、タイセイのゴールライン上のクリアがあるなど、紙一重の初戦でした。

<グループリーグ タイ選抜A戦:○ 2-0>

個人能力の高いタイ選抜チーム戦、自称バンコク屈指の走力を誇る(笑)我々はハイプレスと裏へのスプリントで対抗し、ゴールはいずれもミドルシュートでした。徹底した裏への走り込みにより相手のディフェンスラインが下がっていたところのバイタルエリアを突いた攻撃となりました。

<準決勝 セレッソバンコク戦: ○ 2-1>

バンコクの日系チームとの準決勝となりました。絶対にシリエを倒してやるという気迫に押され全くリズムを掴めないスコアレスの前半となりました。後半の早い段階でカンフル剤の若手1年生スバルと2年生ケイタを入れた事が功を奏し?なんとか決勝に進むことが出来ました。緊迫した展開で若い選手を起用出来た事は大きな自信と今後の財産となりました。

<決勝 タイ選抜A戦: ● 0-1>

前日の予選では勝利した相手だったものの、我々の特徴であるスペースへの走りを潰され、キーマンを徹底マークされるなど、シュートを打たせてもらえないほぼ完璧な対策をされてしまいました。オプションの足りなさを痛感した準優勝となりましたが、圧倒的な平均身長の低さを運動量でカバーしようとしてくれた生徒たちを称えたいと思います。

<まとめ>

この年代としては初めての11人制の大会、当日はリーグ戦もあったために若い選手中心の構成となりましたが、来年度に向けて成長と自信を掴んだ2日間となりました。多くの主力選手が今年も本帰国する事になりますが、来年度のチームも是非ご期待頂ければと思います。
今後とも応援のほど宜しくお願い致します。

【監督ブログ】アカデミークラス編 ムアントンに学ぶ

強い。。強いぞムアントンユナイテッド!!.
この3ヶ月間で3度対戦し合計スコアは1-17。

課題に向き合い対策を重ねるも、戦う毎に異なるスタイルで圧倒してくる。お前の対策なんて無力だからな。出直してこいよ。と選手達に叱られているような状態だ。

しかし、世代トップにはまだまだ及ばないものの、トップとの差を埋めるための努力をしていると、気づかない内に成長を積み重ねていた事も知る。

育成年代の限られた時間で最大限の成長効率を生むには、”現状とトップレベルとの差を知り、差を埋めるための努力をする”事が最重要なのだと改めて気づかされた。

“日本人”という小さなコミュニティーに生きていると、負けや失敗に対し極端な拒絶反応を起こしてしまう事がある。特に現代では情報に溢れ、失敗しそうな事には挑戦しない風潮もある。自分よりも弱い者を探し、叩き、小さな成功体験の悦びに浸るようではそれはただの弱い者いじめだ。相手あっての競争の世界において、勝負どころで力を発揮できない者ほど、日頃から自分に対するハードルを下げてしまうのだろう。

私自身も現役時代、トップレベルとの差を痛感し、そこを超えるための努力を積み重ねた時期ほど大きな成長角度があったように思う。ミスを見られたくない、プライドが許せない、そんな感情が向上心を上回ってしまった時ほど自分の成長が止まってしまった。そして結果的に成長角度の大きいライバルに抜かれていった。

我々のようなチームに対して全く手を抜かずに3度も叩きのめしてくれたこと、ムアントンの選手たちに敬意を表したい。ピッチ上の圧倒的な圧力、そして絶望感。かけがえのない経験を血肉とし、負けを知らない強者はいないという格言を信じて進んでいきたいと思う。

個サル元気に活動中!

毎週水曜日(がちサル)土曜日(ゆるサル)は元気に活動しています。

現在”ゆるサルチーム” “がちサルチーム”2チームにてリーグ戦に参戦しています。
サッカーを通じて様々な交流ができる機会もご提案しています。
サッカー未経験者、女性の方も多く参加頂いています。

気軽に参加可能ですので希望者はお問い合わせください。

SARABURI CUP

先日サラブリで行われた大会に
U10A B
U11
3チーム参戦してきました。

U10Aチームがベスト4となり12月に行われる全国大会への出場権を得ました。

U10は準決勝で敗退したチームが優勝したのですが、相手チームの中にはU10のタイ代表の選手が2人いたと聞いており、その事も踏まえるとクラブでトライしている人に強く当たる、プレッシャーをかけ続けるというのは強豪チームにも通用する事を示してくれました。
ただ、強さ、連続性だけでは埋まらない差もあったと感じています。
そのあたりをこの1年でどれほど埋められるのか課題が見えた大会となりました。
敗退後全ての選手が涙をみせ今後の課題を口にした事が彼らの成長をより進めてくれると期待しています。

大会終了後、
“こんなタフなチームはタイで見たことない”
と練習試合の申し込みや、シリエに入会したいと多く連絡も頂きました。
彼らの取り組みが多くのチーム、選手の胸を打つ事になったのだと感じています。

引き続き、選手の成長に寄り添えるクラブ運営を目指して参ります。
関係者の皆様ありがとうございます。